clean-up’s blog

片付け大好き ミニマリストの部屋を目指しています

パッキング術より大切なこと

Youtubeを見ていたら、「裏ワザ満載パッキング術」という番組がありました。その画面には「加湿、むくみ、ケアグッズ」などの言葉が。

これを見て思ったのです。

心身ともに健康であることってそもそも荷物を減らしやすいのだなと。

 

荷物が増える大きな要因は不安なんですね。不安をなくすというのは大切なこと。

 

そして、ケアをしなくて良ければケアグッズは不要です。

もちろん、お薬など必要な物もありますが、気を付けて改善できることってあるのかなと思ったのです。

 

例えば私は子供の頃からの冷え性でしたが、改善することができました。そうすると、寒い時期の旅行でも何枚も靴下を持っていかなくてもいいとか、そういうことですね。

基礎化粧品を今使っていないのでそれらも不要であるとか。

 

もちろん同じことをしたらいいとは全く思っていませんが、病院に行くまでもないほどの未病というのでしょうか、それらが改善されると旅行の時の荷物というまあどうでもいいことでなく、普段の生活がずっと楽になります。

 

冷え性が改善した時に、私の身体はこんなに頑張ってたんだと気が付いたんです。

不調はやはり当たり前にしてはいけないんだと思ったのです。冷え性なんて大したことないことですよね、だから積極的に何かしようとは全く思いませんでした。

 

旅行の時に限らずこれが手放せないというケアグッズがあれば、もう一度ご自分の身体と向き合うのもいいかもしれません。

 

ちなみに私の冷え性が改善したきっかけはハーブティーでした。

私はもともとものすごく水分を摂るほうで、しかも緑茶好き。1日2~3リットルの緑茶を毎日飲んでいました。それ以外にコーヒー、紅茶、麦茶、牛乳など。

それが、ある時にハーブティーにはまりノンカフェイン生活をしたところ気が付いたら改善されていました。

特にハーブティーである必要はないのですが、カフェインが入っている飲み物を結構飲まれている方はそれらを水や麦茶などに代えてみて様子をみてみることをお勧めしたいです。

これは本当にいろんな人に話したのですが、誰も実行してくれないので私だけに起こった症状なのか、多くの人にあてはまることなのか、知りたいと思っています。

 

ダイソーで家計簿を買ってみました

www.daiso-syuppan.com

ダイソーで家計簿を買ってみました。

f:id:rin73:20181208150707j:plain

家計簿はいつもこちらを使っています。

zaim.net

ダイソーに行ったときに偶然見つけて、ふと紙の家計簿も久しぶりにいいかもと購入してみました。

108円とはいえ、コラムなどもあり、使いやすそうな形式で本当に侮れない・・・。

今年は4種類の家計簿がダイソーから販売されていて、比較してみて私はこのタイプが使いやすいと感じました。

人によって使いやすいと感じる形式が違うので、結構違うタイプが4種類あるので気になる方は実際に店舗に行ってみてくださいね。

 

さて、家計簿をつける良さは自分が購入した物を確認できること。

つけるだけでは意味はなく、見直すことが大事です。

見直してみて、無駄な買い物だったなというものがあれば次回からは購入の際に気をっ付けるようにすると、お金の節約と無駄な物の購入が防げます。

 

 

お洋服買いました~

1年ほど前に買ったユニクロのEZYジーンズ。

www.uniqlo.com

ものすごく履きやすくて快適なのでジーンズはもうこれ以外は着れない!というぐらい気に入っています。

 

ジーンズはこの1本しか持っていないので、1年と2か月で200回くらいは着たと思います。基本的に着たその日か次の日には洗濯もしているので洗濯もかなりしたところ、膝が出てきたり、お尻の辺りがもたついたり、変なところが裂けてきだしたりでそろそろ限界と思い、同じ物を購入しました。

今年のは昨年よりバージョンアップしているので、着るのが楽しみです。

履いていた物は洗濯してからリサイクルにだします。

 

1枚ダメになったら新しいのを1枚購入する。

ダメになるまで着ると処分もしやすいですし、いつでもリサイクルを受け付けてくれるユニクロの仕組みは本当にありがたいです。

 

最近はこんなお洋服の買い方をしているので、一定量からそんなに増えません。

今も洋服は全部で25枚です(パジャマ、運動用は除く)。

意外にも快適に過ごせています。

 

1泊旅行の荷物

倉敷に旅行に行ってきました。

f:id:rin73:20181204161430j:plain

デニムのお花♡

 

倉敷に行ったのはもう10年くらい前。

今回は友人に会うのが目的でしたが、倉敷の街もとても良かったです。

上から目線で書かせてもらうと、観光地としてとても成熟しているなという印象です。

どのお店でも店員さんは感じよく、食べ物屋さんはどこも美味しく(若干高めの観光地価格ですが、観光地なので!)、街も建物や雰囲気が統一されています。

たぶん、すごくいい印象を持って帰られる方がほとんどではないでしょうか。

 

さて、友人と久しぶりに会いました。

待ち合わせ場所は倉敷駅。改札を出て再会してまず驚かれたのが私の荷物の量。

1泊用の適当なバッグがなく、小さめの紙袋で代用。

1泊でも小さいスーツケースを持っていくという友人からすると驚きですね(笑)

 

今回の持ち物リストです

  • 替えの下着(その日に着ていた下着は処分します)
  • 洗面道具、化粧道具、ホッカイロ、マスク
  • 友達へのお土産

以上が紙袋の中身です。

あとは普段使っているバッグだけ。

今回は1泊なので、2日とも同じ服で過ごしました。

 

お土産が増えてきたら普段使いのバッグにいつも入れているエコバッグの登場です。そちらにお土産を入れます。

倉敷は調べてはじめて知ったのですが、マスキングテープのカモ井の本社がある街。お土産はマステを中心に購入したので軽い!

 

意外に楽しかったので、また計画しようと思います。

お勧めですよ、倉敷(いや、みんな知ってますね(笑))。

ただ、月曜日は大原美術館がお休みなので、いろんなお店もお休みされるということでした。美術館が街の中心ってすごいですよね。

行こうと思っていたお店に行けなかったのが残念でしたが、次回の楽しみにします(^^)/

 

片付いていない部屋と「でも」

片付けが好きだと言うと、まあまあの確率で家が片付いてなくて・・・という方に会います。

相談されると、自分なりの解決法をお伝えします。

その時にこれまた高確率で遭遇する言葉が「でも」です。

  • 「でも子供が散らかすから」
  • 「でも忙しいから」
  • 「でも大量にあってなくならない」

などなど。

この「でも」が家が片付かない原因の一つなんですよね。

別に全部言うことを聞かなくてもいいのですが、一つくらいやってみようと思えるものを見つけてやったらそれだけ片付くのです。

「でも」を言い続ける限り部屋は片付きません。

 

これは人生のいろんな場面で言えます。

部屋が片付かないくらいはどうでもいいのですが、人生の中で「でも」を言い続けるといつの間にか新しいことやいつもと違うことをやれなくなってしまいます。

 

また、アドバイスをくれていた人も、「この人に言ってもどうせ「でも」って言うだけだから言っても無駄」とそのうち何も言われなくなります。

 

そういう人生が良いと思う人はそれで良いでしょう。

 

もし、そうでないほうがいいなと思われたら、まずはできるところから始めてみましょう。

部屋の片づけはテレビでも、雑誌でも本でもブログでもいろんな方がいろんなことを言っています。どれでもいいので一つでも実行してみませんか?