clean-up’s blog

片付け大好き ミニマリストの部屋を目指しています

増やす時はよく考える

私は風水の考え方が好きなので、特にこだわりがない時に参考にしたり、記事があると読んでいます。

 

ただ、その中で注意が必要だと思うのが、飾り物です。

今年は〇色がラッキーカラー。その色の物を西の方に飾りましょう、というやつですね。

その色の飾り物と飾る場所が偶然あれば移動したりすればいいだけなのでいいのですが、わざわざ購入したりするのは、どうなんだろう?と。

 

掃除をするのが風水ではよく勧められますが、物が多くなればなるほど掃除は面倒になるものです。

 

面倒なことはできるだけ避けることが大切だと思っています。

 

その色の物を増やしてもきちんと掃除をするか、よく考えてから購入されて、運気をアップされてくださいね。

 

処分するときのことを考える

プラスチックの環境に与える影響について言われています。ストローが紙製に変わるという話を聞かれたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

私は、一度オシャレカフェで紙製のストローを体験しました。最後はちょっと、ふにゃっとした感じになりますが問題なく利用できました。

 

とても便利な素材なので、いきなりプラスチックを使用しないというのはとても難しいですが、これから購入するときはできるだけ自然素材の物が選べたらいいなと思っています。

自然素材を利用する利点は、処分の時に楽なんです。

例えば、以前にご紹介したこちら。

 

clean-up.hatenablog.com

収納というと、衣装ケースを使われている方が多いと思います。もちろん、場所や中身によってはそちらが使い勝手が良いというのもありますが、処分するときは結構大変です。

私が住んでいる大阪市の場合は、処分する場合、200円の手数料がかかります(2019年8月現在)。でも、フェローズバンカーズボックスは紙なので、普通ゴミに出せます。

個人的にはお財布にも環境にも優しいなと感じています。

 

不便なのに無理に使うこともありませんが、もし、どちらでもいいなと思われた時には自然素材の物を選んでみることはお勧めしたいです。 

 

ココナラを使ってみました

スキルのフリーマーケットというコンセプトのもと、いろんなサービスを販売しているココナラというサービスを利用してみました。

 

今回はその感想を書いてみます。

 

現時点で3件依頼してみました。

ジャンルはバラバラです。皆さん対応もいろいろです。

 

全体的な印象としては、サービス提供者がとても丁寧です。評価に反映されるからというのももちろんあるでしょうけど、それだけではない印象を受けました。

ちょっと面白いなと思ったのは、全員に見える評価サービスとは別に、運営側だけに送る評価も存在します。なので、良い評価をしても、実は不満を持っていたので運営側にはその旨を伝えることも可能です。

 

2件がかなり出品者にいい印象を持ったので、3件目もお願いしてみたところ、こちらは残念ながらそうでもなかったです。そう感じたのは、チャットがほぼこれコピペだなと感じたためです。ただ、やるべきことはやってくれているのでま、こんなもんかなと。

良い出品者に出会えるかは運も多分にありますね。評価などもチェックしますが、それだけではやはり分からないものです。

ま、でもなかなか面白いサービスだなと感じました。

 

かなり安価で出品されている方も多いので気軽にサービスを受けることもできます。これなら自分でやったほうがとも思うのですが、やはり、あるサービスの中にいるということは守られていることにもなり、万が一のトラブルなどにも特に女性出品者は安心かと思います。

何でも一長一短ですね。

 

起業してみたいけど需要があるか知りたい、練習してみたい、副業としてやってみたいなどという方にはチャレンジしやすいサービスだと思います。

類似のサービスは他にもありますので、こういうのを利用するのも良いですね。

 

ちなみにお片付けのサービスもありましたよ。

 

 

 

 

 

「できること」をやっていく

あるドキュメンタリー映画を見ていたら、ある女性が「みんなできると彼(講演者)は言うけど、私には無理だわ、とても難しい」・・・と言っています。

これは何に対して言っている言葉でしょうか?

 

 

答えはダイエットです。

 

 

でも、この言葉はどんなチャレンジを諦める言葉にも使われます。片付けもです。

「できない」「無理だ」と思えば、実際にできないし、無理になります。「できるかも」と思えばできる可能性がでてきます。

可能性を潰すのも、みつけるのもその人の決断によってできるのです。

 

また、誰かに直接アドバイスをもらって否定的な発言をすると次回からは何も言ってもらえなくなる可能性もあります。

 

「できないこと」探しをするのは可能性を潰していくことです。

最初は本心でなくてもいいので「やってみるね」「試してみるね」と言ってみると、もしかするとちょっとだけ何かが変わり、もしかすると片付けも進むかもしれませんね。

 

ご一緒に頑張りましょう!

期待だけを購入しないように

ついつい新しい物って欲しくなりますよね。

 

新しい物はいろんな期待も一緒に購入しています。

「この服を着るともっと素敵な私になれるかも」

「このテキストを購入すると資格試験に合格できるかも」

「この調理家電を購入すると料理がもっと楽しくなるかも」

 

でも、ちょっと落ち着きましょう。

それらの物が必要で購入するのはいいのですが、もし期待の方が購入を決定する気持ちの多くを占めている場合は、少し待ちましょう。

 

物は物です。結局のところ、あなたの期待に応えてくれる可能性は不明です。というよりあなた次第ですね。

 

素敵なお洋服を着たら素敵なあなたになるのではなく、あなたが素敵だから、洋服も素敵に見えるのです。

新しいお洋服を購入しなくても素敵なあなたは既に存在します。洋服はあなたを魅力的に見せるための道具です。

 

資格のテキストも、それを購入したから合格するのでなく、あなたが努力するから合格するのです。必要十分なテキストを購入しましょう。

 

この調理家電を買ったから料理が楽しくなるのではなく、料理が好きなあなたが使うからさらに美味しいご飯を作りやすくなる。

 

主語はいつも物ではなく、あなたです。

いつもそう思って、お買い物をしてみてくださいね。