読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

clean-up’s blog

片付け大好き ミニマリストの部屋を目指しています

”なんとでもなる”という気持ち

昨日書いた記事を改めて読んでみて思ったことです。

 

clean-up.hatenablog.com

 

私もはじめから荷物を少なくできたわけではありません。

旅行初心者(?)の頃は、とにかく、どうしてこんなに荷物が多いのかというくらいの多さでした。

帰省するときでさえ。

 

そんなある日、知人の女性が、小ぶりのバッグ一つで帰省しようとしていました。

それに驚いていると、「だって、実家に何でもあるから、お財布と切符だけ持って行けばいいから」と。

これは衝撃でした。

 

それ以来

  • あったら便利
  • なくても困らない
  • 迷ったものは持っていかない

というようにしていくことで、荷物は減っていきました。

 

荷物の多い友人の特徴としては、とにかく持っていないと不安、というものがあると思いました。

一緒に旅行に行ったときにドライヤーが出てきたのはびっくりしました。

日本だし、さすがにどこにでもドライヤーはあるし、特別なものでもないし、でも彼女にとっては必要なものだったんですね。

 

「不安」というものが荷物を多くしている一つの要因だと感じました。

 

ということは、無人島にでも行かない限り、どこにでも必需品は手に入るんですね。

 

そう思って気軽に考えていると、いつの間にか、荷物も減っていきます。